映画『father カンボジアへ幸せを届けた ゴッちゃん神父の物語』上映会開催のご案内
カトリック東京国際センターも運営団体として参加しています、日本に逃れた難民を支援する団体/NGOのネットワーク「なんみんフォーラム(FRJ)」では、来たる728日に、映画『father カンボジアへ幸せを届けた ゴッちゃん神父の物語』の上映会を企画いたします。上映映画は、1980年代にカンボジア難民の子どもたちを里子として受け入れその後その子どもたちと共にカンボジアでの学校建設に奔走してこられたことで知られる、後藤文雄神父を追ったドキュメンタリーです。映画は、日本とカンボジア、それぞれの戦争が刻み込んだ記憶と傷跡を、巡っては戻り、戻っては進み、縁に繋がれながら、数十年に渡る人々の「再起」を静かに捉えています。
今年も、620日に世界難民の日を迎えました。世界では今も、紛争や暴力、迫害などにより、6800万人を越える人々が故郷を追われています。奪われた日常と繰り広げられる惨状は、多く人々の心と身体に深い傷を残し、それでもその苦しみは幾度となく繰り返されてきました。難民について考え、難民とともに生きることは、今、日本に生きる私たちにとって、どのような意味を持つのでしょうか。映画上映を通じて、そのヒントを皆様と共有したいと思います。どなたでもご来場いただけます。多くの皆様のご参加をお待ちしております。
日時:2018年7月28日(土)14:00開場
   映画上映会:14:30〜16:15
           ゲストトーク:16:15〜16:45頃まで  ゲスト:後藤文雄神父
         難民支援団体ブース(講堂前ロビーにオープン):14:00〜14:30、16:45〜17:30
会場:上智大学四ツ谷キャンパス10号館講堂
主催:上智大学カトリックセンター
企画:なんみんフォーラム(FRJ)
入場料:500円(当日受付でお支払いください)
言語:日本語
上映作品:『father カンボジアへ幸せを届けた ゴッちゃん神父の物語』(2018年/日本/日本語・カンボジア語上映/日本語字幕/95分)
全席自由で、当日参加も可能ですが、資料準備の関係で、事前お申し込みへのご協力をお願いしております。
申し込み・詳細はFRJウェブサイトへ