ctic-seminarネパールで何がおこっているのか?

〜ネパール人難民申請者 急増の背景にあるものは〜

2015年の難民申請者は、過去最多の7,586人。認定者はわずか27人。申請者の99.7%が不認定になっています。一方、難民申請者などの「偽装」申請を手助けするブローカーの存在など、認定者の少なさは「偽装」「悪用」「濫用」難民が横行しているのが原因との報道がなされています。世界的に難民が増加している中で、難民条約批准国としての責務をどう果たしていくのかが大きな課題になっています。

日本で、昨年最多のネパール人難民申請者(申請数1768人、難民申請者全体の23%)について、ネパール情勢に詳しい上智大学の田中先生をお招きして、ネパールの歴史、国内情勢、在日ネパール人事情、ネパール人難民申請者の急増の背景などを学びます。どなたでもご参加いただけます。

日時:   2016年4月21日(木)13:30〜15:30

講師:   田中雅子さん(上智大学総合グローバル学部准教授)

会場: CTICなんみんサービス(カトリック本郷教会)

*申込方法:下記のフォームからお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/bbbd7816431013

*会場費・資料代として、当日会場での自由献金にご協力ください。

セミナーフライヤー(PDFファイル)