世界難⺠の⽇に寄せて

2015 年 6 ⽉ 20 ⽇
特定⾮営利活動法⼈ なんみんフォーラム

 6⽉20 ⽇は国連が定める「世界難⺠の⽇」です。国連難⺠⾼等弁務官事務所 (UNHCR)の発表(注1) によると、2014 年に迫害や紛争、⽇常的な暴⼒から逃れた ⼈の数は世界で約5950万⼈となりました。これは過去最悪の数字で、総⼈⼝ が約 6,000 万⼈強であるイタリアやイギリスにも匹敵し、⽇本の⼈⼝の約 2 分 の 1 に当たります。その半分は、シリア、アフガニスタン、ソマリアの 3 カ国 が占め、スーダン、南スーダン、コンゴ⺠主共和国へと続きます。

 移動を余儀なくされた⼈々のうち、166 万⼈が157の国または地域で難⺠申 請を⾏いました。その中の34,300 ⼈は保護者のいない⼦どもによるものです。

 難⺠は⽇本にも来ています。2014 年に⽇本は11 ⼈の難⺠を保護しました。 また、⼈道配慮によって在留許可を認められた⼈は 110 ⼈、第三国定住難⺠受 ⼊れ事業で受⼊れた⼈は23 ⼈、合計144 ⼈です。

 残念ながら、⽇本社会で難⺠への理解が⼗分にあるとは⾔えません。そのた め、たとえばイスラム教徒であるだけでテロ組織とのつながりが疑われたり、 ⾯倒に巻き込まれるから関わりたくない、などといった誤解が⾒受けられます。 避難せざるを得なかった⼈はすでに多くを失い、⼼に傷を負っています。難⺠ の多くは、それでも⼈⽣をやり直したいと思い、再起できる場所を探していま す。また、受⼊国や受⼊れ地域にできるだけ迷惑をかけたくない、国情が安定 したら⺟国に帰りたい、と多くが望んでいることも事実です。

 6⽉20 ⽇の世界難⺠の⽇です。私たちなんみんフォーラムは、⽇本での難⺠ ⽀援活動のために、⼀層の努⼒を続けます。⽇本に逃れた難⺠が適切に保護さ れ、社会に受⼊れられて再⽣を図ることができるよう、切に願っています。

(注1)UNHCR ”Global Trends 2014: World At War”  http://www.unhcr.org/pages/49c3646c4d6.html

*特定非営利活動法人なんみんフォーラムFRJは、カトリック東京国際センターCTICも正会員として参加しています、難民支援のネットワーク団体です。

メッセージのオリジナルサイト